トイレのつまりの対処法

トイレのつまりを治す時に最も簡単な対処法は、レバーひねって水を流すのではなく、バケツに水を汲んできてそれを流すという方法があります。一度トイレのつまりが発生してしまうと、何度レバーをひねって水を流しても溜まるばかりで流れてくれません。

バケツを使って水を流す方法としては、最初に便器の中の水をできるだけ汲み取って少なくします。次にバケツに水を入れ、できるだけ高い場所まで持っていきます。高く持っていったバケツの水を排水口めがけて勢いよく流します。

水こうする事によって、通常レバーをひねって水を流す時と違い、らせん状に流れるのではなく排水口に真っ直ぐな水流を発生させる事ができます。この方法で水を流すと直線的な水圧によってつまりの弱い部分に水圧がかかり隙間ができます。何度か高く上げたバケツから水を排水口めがけて流すと、この隙間が徐々に広がっていきます。何度か繰り返す事によってトイレのつまりがなくなってキレイに流れるようになります。

詰まった物がおもちゃや携帯電話などの異物の場合には、ティッシュのからまりが取れて浮いてくる可能性が高くなっております。浮いてきた時に、しっかりと回収をするようにし、焦ってレバーをひねってしまうと、また奥の方に追いやってしまいますので注意してください。

About the Author

運営者

View Posts →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です