ティッシュがつまってしまったら

お湯
画像出典元
トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法

原因がティッシュペーパーや多すぎたトイレットペーパーを一度に流したような紙のつまりが原因の場合には、お湯を使って治す方法がおすすめになります。お湯でしたら新たにアイテムを購入する必要もありませんし、準備に時間がかかりませんので誰でも簡単にチャレンジできるといった手軽さがあります。

お湯を使ってトイレのつまりを治す場合に最も注意して頂きたいのがお湯の温度です。熱湯ですと便器が熱膨張を起こしてしまい割れてしまう可能性があります。トイレのつまりを解消するのに適しているのは40度から60度くらいのぬるま湯です。

お湯を使ったトイレのつまりを対処する方法は、排水口の中心に5センチから6センチくらいの幅に調整してお湯を流すだけです。いきなり全部流すのではなく、同じ量を時間をかけて流す事によって、水圧が長時間にわたってかける事が出来、徐々に隙間からトイレットペーパーやティッシュペーパーが流れてくれますのでトイレのつまりを解消する事ができます。

一度で解消できない場合もありますので、水が上がってこなくなるまでなんどかチャレンジしてください。水が上に上がってこなくなったら、一度トイレットペーパーを流して様子を見てください。

トイレのつまりの対処法

トイレのつまりを治す時に最も簡単な対処法は、レバーひねって水を流すのではなく、バケツに水を汲んできてそれを流すという方法があります。一度トイレのつまりが発生してしまうと、何度レバーをひねって水を流しても溜まるばかりで流れてくれません。

バケツを使って水を流す方法としては、最初に便器の中の水をできるだけ汲み取って少なくします。次にバケツに水を入れ、できるだけ高い場所まで持っていきます。高く持っていったバケツの水を排水口めがけて勢いよく流します。

水こうする事によって、通常レバーをひねって水を流す時と違い、らせん状に流れるのではなく排水口に真っ直ぐな水流を発生させる事ができます。この方法で水を流すと直線的な水圧によってつまりの弱い部分に水圧がかかり隙間ができます。何度か高く上げたバケツから水を排水口めがけて流すと、この隙間が徐々に広がっていきます。何度か繰り返す事によってトイレのつまりがなくなってキレイに流れるようになります。

詰まった物がおもちゃや携帯電話などの異物の場合には、ティッシュのからまりが取れて浮いてくる可能性が高くなっております。浮いてきた時に、しっかりと回収をするようにし、焦ってレバーをひねってしまうと、また奥の方に追いやってしまいますので注意してください。